日本では空海の時代の古い経典をベースにした宿曜占星術が定着しています。しかし本場、中国では現在も研究され、進化しています。宿曜をはじめ現在の中国の占いを つれづれに翻訳しご紹介します.

本場 中華式でみる宿曜占星術

角宿の運命 

若いうちはあまり恵まれていないことが多い角宿生まれ。中年以降、経済的に豊かになり、開運します。長寿の星でもあります。

社会で活躍するうち、次第に周囲から信頼され、尊重され、人から援助を受けやすくなる人です。一時的に挫折しても、粘り強い性格で突破できます。順調な人生を送ることができる人です。
挫折とは、角宿にとって成長のきっかけです。

角宿の女性は両親と縁が薄いことが多いです。早くに死に別れたり、家から離れたりする傾向です。

 

角宿の性格

表面的には穏やかで優雅で動じませんが、内心はこだわりが強く、落ち着きがなく、衝動的になりやすいところがあります。その性質は、仕事に対してもみられます。
基本的にとても強くしっかりした人で、根は善良で、まじめです。プライドが高く、気分が変わりやすく.心配性で悲観的なところもあります。

男性は明るい性格で小さなことにこだわらず、物事を深くまで探求するのが好きです。思慮深く、決断力、指導力があり、親しみやすい人です。物事にけじめをつける人ですが、頑固で偏屈な考えにとらわれ、苦しむときもあります。

角宿の女性には二種類あり、夫を盛り立てる良妻賢母型と、賢く強いキャリアウーマン型があります。大部分の角宿女性は良妻賢母型です。

表向きは社交的で、他からの誘いに対して柔軟です。安定した静かな性格で、仕事の能力もあります。しかし内側は頑固な性格で、嫉妬心や独占欲も強いです。

 

角宿の仕事運

角宿の人生は豊かで満ちたり名誉あるものになります。若い頃の財運はよくなく、仕事に時間を奪われがちです。しかし、中年以降は日増しに実入りがよくなり、平穏になり、順調に発展します。起業にも向いています。
しかし、もし裕福になっても、投機や賭博には絶対に手をだしてはいけません

 

角宿の恋愛・結婚

角宿の人は晩婚型です、頑固でプライドが高く慎重なので恋愛の知識があっても、自分から相手に愛を示すことができません。
角宿の人は男女ともに家庭を重んじます。しかし、離婚、再婚など家庭運のあまりよくない人もまれにいます。
恋愛に憧れますが、恋愛に混乱しやすく、自分の気持ちがわからなくなってしまいがちです。誰かに紹介してもらったり、信頼性を重視して相手を選ぶのがよいでしょう.

 

女性は良妻賢母方とキャリアウーマン型にわかれますが、家庭と仕事の両方を大事にできる人もいます。
疑い深い性格が夫婦関係に影響を及ぼして、結婚の失敗にいたる女性もいます。

男性は誠実な感情を理解し大事にするでしょう。

角宿は温かな雰囲気の人です。純愛を追求し、感情を大切にします。男性は分析が得意で、配偶者をリードし、愛を注ぎます。女性は保守的で夫をおしのけることはありません

 

◆こちらもおすすめ
宿曜 幸せな人生を送れるのはどの宿のひと?

中華式でみる6つの相性

無料登録して占う<PR>

関連記事

宿曜 業胎カップルがうまくいかない理由2つ 業 男と胎 女

相手を変えようとするとうまくいかない? 回答1: 私と胃宿の業彼はよく喧嘩する。コミュニケーションに問題ありね。いいときはいいんだけど、喧嘩になると完全にどういったらいいかわからなくなる。いつも彼は私 ...

宿曜 異性として最も惹かれあいやすい相性はどれ?

スレ主: 異性として性的な意味での吸引力が強い相性はどれだと思う? 私個人としては安壊だと思う。感情の調和という点では栄親という人が多いけど   回答1:: 中距離の相性ならどれもみんな強い ...

宿曜 子供とは業胎、夫とは安壊です

スレ主: 私は業で、娘は私の胎。私たちはとてもくっついている。私が仕事、娘が学校に行っているとき以外は、どこへ行くにも一緒だ。娘は私から離れないし、私も娘から離れられない。娘はいつも私を愛していて、私 ...

宿曜 あなたの身近にいる女宿の男性って、どんな人?

回答1: 現実的な人。でも彼氏にするには悪くない   回答2: ちゃっかりしてる。ちょっとヒモみたい 回答3: すごく退屈な人。現実的で少しケチ。人に馬鹿にされることを怖がってる。仕事は一生懸命やる ...

宿曜 友衰は異性としての魅力が長続きする相手?

スレ主: 友衰は異性だと性的な吸引力がとても強いというけれど、それは5年10年たっても変わらないものなの?長続きする?   回答者A: そう。すれ違うだけでも照れてしまう 近距離友衰で知り合 ...

投稿日:

Copyright© 本場 中華式でみる宿曜占星術 , 2016 All Rights Reserved.