日本では空海の時代の古い経典をベースにした宿曜占星術が定着しています。しかし本場、中国では現在も研究され、進化しています。宿曜をはじめ現在の中国の占いを つれづれに翻訳しご紹介します.

本場 中華式でみる宿曜占星術

翼宿の運命

翼宿の人は平和主義な活動家です。まじめな職人肌で、完璧主義のまっすぐな人です。外国での活動に縁があります。控えめですが芯の強い人です。

 

翼宿の性格

翼宿は困っている人をみると助けようとする優しい人です。

完璧主義で柔軟さに欠ける面が強く出ると、他人に厳しい言葉でダメ出しし、周囲とトラブルになることもあります。他人がどう思うか考えてから、言葉遣いや行動を決めると、より運が開けます。

翼宿の男性は優しく謙虚でおとなしい人が多いです。 それでも周囲からの協力を得たいときは、思っていることをストレートに話します。まわりくどい工作などはしません。頼りになる人です。 専門的な知識や技術を身に着け、周囲から認められる人も多いです。

女性も自分のことを話したがらない傾向があります。嬉しいにつけ悲しいにつけ、他人の前で感情をあまりだしません。忍耐強く、勤勉で、芯が強い人です。

本質は妥協を嫌い、こだわるタイプです。そうした面を内側に隠して、周囲との摩擦をさけるところがあります。

翼宿は中年以降に運勢のピークを迎え、公私ともに順調になっていきます。 困難にあって自信を失ったときも、信念は失わないように心がけましょう。

 

翼宿の仕事運

責任感が強く、真面目にもくもくと働くので、周囲からの評判は上々です。きれいごとが言えない職人肌タイプでもあります。

他人に厳しい人ですが、自分自身に対しても厳しいので、欲にとらわれて悪いことをすることはありません。
努力さえすれば、どんな分野でも成功します。

政治家、自営業、エンジニア、アーティスト、貿易関係がむいています。海外での仕事に強い星です。

女性は作家、書道家、栄養士など飲食関係、女優が向いています。マスメディアに関連する仕事にも適性があります。

職人肌の翼宿は収入にかかわらず、金銭に対する執着が薄いところがあります。 何でも自分で解決しようとせず、周囲からの援助を受け入れると、より高い社会的地位を得ることができるでしょう。

 

翼宿の恋愛・結婚

おだやかでおとなしい翼宿は、ロマンチックな純愛を求める傾向があります。好きになった相手には自分から率直にアプローチするタイプです。一方で慎重なところもあり、相手の出自や学歴などの条件を気にしてしまうところもあります。

翼宿の男性は女性からとても人気があります。しかしモテるからといって優柔不断な態度でいると、思わぬ落とし穴に落ちることがあります。結婚後も誘惑が多く、離婚と再婚を繰り返す人もいます。特定のパートナーとの安定した関係が吉です。

女性は忍耐強く、自分をしっかり持っています。遊び半分の恋愛はしません。自分の感情を表に出すようにすると、男性からの人気が高まるでしょう。まじめなので、仕事人間でも結婚すると家庭に精力を傾けます。主婦に向いている女性です。

幸運を呼ぶ方位

東南

幸運を招くアイテム

 

関連記事

宿曜 危成/成危の危の女性は尽くしてもらえる?

スレ主: 近距離、中距離、遠距離のすべてで危成を経験してきた。ほとんど自分が危側だった。成になったことは一度しかない。 成側になったとき、相手の危の男性は未熟で、私も包容力がなく、気短で、すぐに別れて ...

宿曜 中距離栄親 栄側の彼が浮気しました

スレ主:女性である私が親側です。結婚して、ずっと幸福で甘い生活だと思っていた。でも、突然ある日、栄側の彼に浮気相手がいることがわかって驚いた。以来、ずっと隔たった関係、他人同士のような気持ちです。今は ...

宿曜 子供とは業胎、夫とは安壊です

スレ主: 私は業で、娘は私の胎。私たちはとてもくっついている。私が仕事、娘が学校に行っているとき以外は、どこへ行くにも一緒だ。娘は私から離れないし、私も娘から離れられない。娘はいつも私を愛していて、私 ...

宿曜 業胎関係が始まるとき そして終わるとき

業胎関係のはじまり 業胎関係は業が積極的にアプローチし、胎のほうは冷静な状態でスタートすることが一般的です。 業からみて、胎は理想的な相手に見えます。胎を幸せにするために全力を尽くそうと思います。 胎 ...

宿曜 角宿と張宿カップル 実際どんな感じ?

スレ主: 私は角宿、彼は張宿。角宿と張宿の組み合わせは離婚が多いというけど、みなさんどう?   回答者A: はじまったばかりだけど、角宿は危成の相手と別れた自分の苦しみを楽にしてくれた。角宿 ...

更新日:

Copyright© 本場 中華式でみる宿曜占星術 , 2016 All Rights Reserved.