日本では空海の時代の古い経典をベースにした宿曜占星術が定着しています。しかし本場、中国では現在も研究され、進化しています。宿曜をはじめ現在の中国の占いを つれづれに翻訳しご紹介します.

本場 中華式でみる宿曜占星術

業胎の関係

宿曜 業胎関係は結婚すると変わってしまう?



スレ主:
結婚3年。自分の感情がおちついてるのか、そうでないのかわからない。

私達夫婦は妻が胎、夫側が業だ。

胎はとても変わってしまったと思う。それが良いか悪いかはいえない。苦痛だし、憂鬱な状態。ただ後悔はしていない。

業側も変わったが、核心は変わってない。

私達は仕事で知り合った。互いの家がとても近かった。
業と知り合う前、胎の周りは奇怪な事件が多かったが、業と出会ってからなくなった。

最初のうち、胎側の家族の反対があって、私達の関係は秘密にしていた。互いの家庭環境に大きな格差があった。遠距離になり、一時は別れた同然になったこともあった。

そんなふうにして7年。
業はほとんど本能で胎を理解してる。でも二人は同一人物ではない。理解は表面的なもの。業は自分が胎より年長のような感覚を持っている。業はときどき胎を理解できないことに困惑することがある。

胎は業のことを陽気な人で、こういった人は理解できないという。

業胎だと、最初、業が胎に尽くす。そのあと胎は業のことを空気みたいに、そばにいて当然の相手と感じるようになり、離れられないという。でも、胎が業がいて当然だと思うようになるころ、業はつかれてしまっている・・・

 

回答者A:
まわりに業が女、胎が男の夫婦がいるけど、業が前世の借りを返す関係はおわって、逆に胎が業と業の家族に尽くしてるよ。10年も彼らを支えて、胎のほうが消耗してる。

 

回答者B:
私達は女業、男胎だけど、スレ主の状況によくにてる。胎は男性もとても変わってしまう。私も変わったけど

 

スレ主:
私も今まで業胎で胎が消耗してるカップルをみてきた。業胎は内側でバランスがとれてるんだと思う。

業胎関係はとても盲目になりやすいと思う。
胎側は自分が業を操れる、自分は業の心臓だと思ってる。
業側は自分は胎のすべてをわかっており、胎は当然いつも自分についてくるべきと思ってる

胎児は母体がなにもかもしてくれて当然だと思ってる。自分が動けば母にも伝わり、自分が母体を操縦できてると思う。
母体のほうは自分が歩けば胎児も一緒に動くのは、当たり前だと思ってる。
そして業胎は最後、分娩という形で別々になる。無事に生まれれば、二人は別々の、しかし血のつながった存在になる。そして親子のように穏やかで固い関係になれるだろう。しかし流産すれば互いが傷つく

 

回答者C:
スレ主はいいこと言うね

 

回答D:
前彼が胎で、10年こじれた。確かに業胎は変わる。業は精神上。胎は実生活上

 

回答E:
胎は自分の魅力を、業は自分の忍耐力を、それぞれ過大評価してるわ

 

回答F:
私は業側の女だけど、胎の彼を父のように感じることがある。彼の一部として守られてる自分を感じる。でも一方で、胎のことを、子供みたいで、もろいところもある、包容したいと思うこともある。苦しいときでも、別れたくない

 


https://www.douban.com/group/topic/120611795/

-業胎の関係
-, , , , ,

Copyright© 本場 中華式でみる宿曜占星術 , 2016 All Rights Reserved.